一緒に作る楽しさを教えてあげる

3歳くらいになってくると、お手伝いをやりたがることがありませんか。
ままごとでも洗い物をしたり料理をしている光景を目にすることがあります。
まだ本当に包丁を使わせるのは危ないですが、例えばシチューのルーを最後にいれさせてあげるだけでも子供はとても喜びます。
小学生になると、もっと出来ることが増えます。
シチューもすべての工程をすることができるでしょう。
ただ、その頃にはお手伝いが面倒という気持ちも芽生えてくることがあります。
ですので、いかに楽しいということを教えることが大切でしょう。
それがテレビの料理番組みたいにハンディカムで撮影してあげることです。
材料をかいたフリップを造ったり、自分はお手伝いのアナウンサーさんに扮したりと子供を主役にしてあげることです。
そして完成した料理は、まるで食レポの方のようなコメントを求めたりすると、最後まで楽しくすることができます。
また撮影した映像は想い出の一つとしても残るので一石二鳥です。

リードの振動が音の始まり
妨げないように吹くのが上達するための第1歩です

東京湾で花火船のご案内
夏の風物詩をじっくりとお楽しみください

オンラインショップ限定特価のハンマードリル
オンラインショップならではの安さで高品質なハンマードリルをご提供いたします。

デジタルサイネージ
デジタル映像機器で情報を発信

最新記事